レーザー脱毛はどの部分の脱毛が可能なの?脱毛する際に注意しておくこと

体のほとんどの部分の脱毛が可能

レーザー脱毛は、体のほとんどの部分の脱毛が可能です。ワキの下や腕、脚はもちろん、ビキニラインや顔の産毛などもキレイに脱毛することができます。また、レーザー脱毛は、1本1本行うエステなどの針脱毛とは異なり、広範囲にレーザーを当てることにより脱毛を行いますので、一度に広範囲の脱毛を行うことが出来ます。

肌が敏感でも大丈夫?

医療用レーザー脱毛は、メラニン色素のみ反応して毛根に作用するものですので、基本的に皮膚の表面にダメージを与えることはありません。よって、肌質は関係なく脱毛することができます。ただし、日焼けなどで肌の色が黒くなっている人は気をつけなければなりません。

日焼けをしていても大丈夫?

基本的に、日焼けをしたばかりで時間があまり経っていないという方は、レーザー脱毛を受けることが出来ません。火傷や炎症を起こす可能性があるので、どこのクリニックでもレーザー脱毛を行わないようにしているのです。というのも、日焼けをしたばかり肌というのは、皮膚表面にメラニン色素が大量に生成されている状態なので、そこにレーザーを当てると、レーザーのエネルギーが毛根のメラニン色素に反応する前に、皮膚表面のメラニン色素に反応してしまうからです。なので、脱毛効果をあげるのも困難ですし、そればかりか副作用の危険もあります。日焼けをしている方はは、日焼けがある程度落ち着いてからレーザー脱毛を受けるようにしましょう。ご自身で判断が付かないという場合には、無料カウンセリングを受けられることをお勧めします。

毛抜きで自己処理すると良くない

毛抜きで自己処理を行うと毛根のメラニンまで取ってしまうことになります。レーザー脱毛のレーザーは、毛根のメラニンに反応しますので、自己処理を行った毛についてはレーザーが反応しないことになり、その部分については永久脱毛を行うことが出来ません。ただし、その時には脱毛できなかった毛は、皮膚の下から新しい毛が再生されてくるので、最終的には脱毛可能となります。

ホクロ(シミ)があっても脱毛可能?

レーザーの光がホクロ(シミ)のメラニン色素にも反応してしまうので、基本的にはホクロやシミの部分についてはレーザー脱毛を行うことは出来ません。

毛は生やして行ったほうが良い

レーザー脱毛のレーザーは毛根のメラニン色素に反応するので、毛の長さは関係ありません。なので、エステの針脱毛とは異なり、毛を伸ばしていく必要はありません。ただし、毛抜きで自己処理することは避けた方が良いです。理由は、毛抜きを行うと毛と同時にメラニンまでも取り除くことになるからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *