青汁はおやつのお供に最適

私はいつも青汁はおやつの時間に幼稚園児の子供と一緒に飲んでいます。最近の青汁は青臭くなくてとても美味しいのでおやつの時間にジュース代わりに飲んでいます。暑い夏には、牛乳や低脂肪乳で作って、氷をたくさん入れて飲んでいます、子供はとくにこの飲み方が好きで自分から「青汁作って!」と、コップとマドラーを持ってくるほどです。寒い冬には電子レンジで温めてホットで飲んでいます。
たまにシェーカーで子供にふりふりさせて作るときもあるのですが、そこが楽しくて、それが青汁を楽しみにしているのがもう一つの要因だと思います。
青汁をおやつの時間に飲むのは、おやつにも合うからです。とくにクッキーや、焼き菓子にも合うのでいつもこの時間と決めています。
野菜は意識して摂るようにしているので健康的だと思っていたのですが、それでも野菜不足だということを知り、気軽に野菜を摂れる青汁を始めることにしたのですが、最初はすぐに辞めちゃうだろうなぁ~と思っていましたが、飲み始めると以外とおいしくて家族で愛飲しています。
昔、青汁を飲んだとき本当に青臭くてまずかったのですが、今は抹茶味で飲みやすくてこれからも毎日続けられそうで安心しています。

「まずい!もう一杯!」というキャッチフレーズで有名になった青汁ですが、あのCMから何年経ったのか、今では沢山の種類の青汁が出回っています。
元祖・まずい青汁から抹茶パウダーを入れて飲みやすくしたもの、味はともかく産地にこだわったものなど、あの緑の粉末の中に何が混ぜられているのは手にした商品によって違いますので一概には言えませんが、それでも美味しい飲み方はあるものです。
まずはオーソドックスに冷やす方法。通販で買った青汁には大抵シェイカーが付いてますので、氷を入れて一緒に振るとそれだけで飲みやすさが変わります。まだ苦い場合はハチミツを入れてから振るのもありです。(ハチミツは冷たい方が甘さが出ます)
冬は逆に温かくして、ココアに混ぜたりホットミルクで割ると美味しいです。どろっとして飲みにくい、と思いましたが沢山牛乳を入れたらそうでもありませんでした。
最近はあまり味の強くないものもあるようで、家族が買った青汁には「味噌汁にいれても美味しい!」と書いてありました。
もはやなんでもありなようです。
皆さんも是非自分の好きな食品と合わせてオリジナルの飲み方を見つけて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です