青汁は腸内環境にいい

青汁を飲むと腸内環境が改善されるので、代謝が良くなりダイエット効果が期待できます。ダイエット成功には代謝をアップする事が1番大切です。特に低体温になると代謝が下がってしまいます。今低体温の人はとても多いので、青汁は体質改善に効果的です。
青汁はできれば空腹時に飲んだ方が、腸まで届く時間が短縮されます。その結果腸がきれいになり腸内フローラも良くなります。
食事はまず野菜から食べると、血糖値やコレステロールの低下につながるのと一緒で、青汁も食前に飲む事で身体に不要なものを出してくれます。満腹感も得られるので、食べ過ぎ防止にもなります。
結局カロリーの摂取量が多ければ、何を飲んでも太るので、ある程度の制限は必要です。しかし極端な食事制限は身体に毒なので、好きなものは我慢しないで食べる事も大切な事です。好きな食べ物が高カロリーの場合は、その分1日の食事のなかで量を減らすなどの工夫をすればいいです。
青汁は沢山飲んだからといって、すぐに体重が減るわけではなく、痩せる体質になるまでに時間がある程度かかります。1ヶ月飲んで効果が出ないとすぐにやめてしまう人もいます。飲み始めたら根気よく続ける事が必要です。最近の青汁は苦味がなくて飲みやすく、コスパも良いので続けやすいです。

共働きで弁当や惣菜など食べることが多く、野菜不足を感じていたため夫婦で青汁を飲むことにしました。箱の裏に1日に1~2袋を目安に水、豆乳、ジュースなどに溶かして飲むように説明されていました。まずはオーソドックスに水に溶かして飲んでみました。ザラザラして喉にひっかかります。味はよく抹茶風味とか聞きますが、その通りで青臭くもなく不味くはありませんでした。でもこのひっかかるのはどうにかできないものか・・次に豆乳に混ぜてみました。健康と美容のため毎日飲んでいたため、これに混ぜれば一石二鳥と考えたのです。豆乳は水よりもトロミがあり、調整豆乳は少し甘味もありますので、グッと飲みやすくなりました。私は満足でしたが、主人が豆乳が嫌いで飲んでくれません。牛乳も嫌だというのでオレンジジュースに混ぜてみました。見た目は濃い緑色になって飲むのに勇気がいりましたがオレンジの酸味が青汁のクセを消してくれて初めて美味しいと思って飲みました。ザラザラも少ないです。主人もこれなら飲める!と言ってくれて毎日、夕食のとき食前にいただいています。少し食欲が落ち着いて食べ過ぎを防止できるので、ダイエットにもよいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です