青汁のダイエット方法②

青汁は飲むだけで ダイエットが出来てしまう優れた食品です。一般的に青汁の原材料は ケールや大麦若葉や桑の葉など 緑の植物ですが これらの植物には 豊富な栄養素が含まれています。 ビタミンやミネラル、アミノ酸はダイエット中でも積極的に摂りたい成分ですが なかでも ビタミンB 群はダイエットには欠かせない栄養と言えます。ビタミンB1は糖質を代謝する働きがあります。つまり糖質を脂肪に変えて体に蓄積させずにエネルギーとして燃焼させてくれる働きがあります。又ビタミンB 2は脂肪の代謝を助けてくれますので 脂っこいものを食べても体に脂肪を貯めなくなる働きがあります。他にも 食物繊維が便通を促して 腸の環境を良くしてくれる事でも 代謝が上がります。では 青汁はいつ飲めばいいのか?これは食前です。いつも食前に青汁を1杯飲むのが効果的です。空腹時に炭水化物のごはんや麺類、パン 砂糖なの糖質を食べた
時血糖値は急に上がります。このときインスリンが体で大量分泌にされ血糖値を下げようと働きます。インスリンは糖を中性脂肪に変えたり脂肪を蓄えやすくする性質があります。
食事前に1杯の青汁を飲むことは 糖質が青汁で薄められて インスリンの分泌が減らして 脂肪を蓄えにくくするのです。毎日の青汁で健康的なダイエットをしましょう。

青汁でダイエットをするには、飲むタイミングが大切です。食後に飲んでも効果が薄いので、食事の前に飲む様にします。
青汁には食物繊維が豊富なので、食前に飲むと食物繊維が余分な糖分やコレステロールを排泄してくれます。その為炭水化物を制限しなくても、ダイエットを成功させる事ができます。
食事制限をするとダイエット自体が苦になってしまい、リバウンドの可能性も高くなります。
青汁は腸内環境を整えるので、身体の代謝がアップします。代謝が上がれば効率良くカロリーを消費するので、痩せる体質に変わっていきます。代謝が悪いといくら運動してもやせる事は難しいので、まずは腸をきれいにする事です。
代謝が良くなっても食べ過ぎては意味が無いので、満腹まで食べるのはやめましょう。
私は青汁を飲みながら、食生活にも気をつけました。肉を魚にして、野菜をたくさん食べました。炭水化物は普通に食べて、痩せる事ができました。食べるのを我慢しなかった事が成功につながったと思います。
青汁はいろいろ種類がありますが、飲みやすいのが1番です。苦い青汁や粉っぽい青汁は、続けるのが難しいです。溶けやすくて少し甘みがある位が飲みやすくて続けやすいです。
青汁でダイエットするには食前に飲む事と、食べ過ぎ無いことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です